もうかれこれ10年ほどもI/Fが変わらず運営されていた HDTracks がリニューアルするようです。素晴らしい!!

https://www2.hdtracks.com/ ← リンクは変更になる可能性があります

I/Fの全てが刷新されているのですが、流石に最近のトレンドを取り入れているUI, UX のようで、今までと比べ操作しやすく、レスポンスも早く素晴らしい改善になっていますので、嬉しくて掻い摘んでレポートいたします。

今までのサイトで購入した音源は、2020年4月30日までしかダウンロード出来ないという注意も併記されていました。

これまでの HDTracks
新しい HDTracks

タイトルロゴがなければ、まるで異なるサービスサイトです^_^

これまで、Flashベースであったサンプル曲の再生部品もJavaScriptベースの部品となっているようですね。Flashは過去の遺物となってしまった昨今では当然の流れでしょうか。(Chromeにいちいち怒られなくて済みます・笑)

これまでのサンプル曲再生I/F
新しいサンプル曲再生I/F

ファイル形式の表記も若干変更が有るようです。

これまでは DSD 表記が周波数表記でした
新しい HDTracksでは倍数表記になっています

また、「あれ?」と思ったところは、新しい HDTracksでは、ファイルフォーマットの選択箇所がなくなっています。

さてどうしたものかと思い、今まで購入を躊躇っていた、システムテスト用の音源を購入してみることにしました。

AUDIOPHILE 用のこの音源です ^_^

楽曲ページでは、サンプルレートの選択しか出来ませんが。。。

ココに有りました。ショッピングカートです。

フォーマットの選択は、ココに有りました。
ダウンローダーも選べるようですね

メール通知で案内のあった「Launch20」をDISCOUNT CODE に入力すると、20% OFF で購入出来ます。なんとも嬉しい限りです。

$5.00 もお得に!
新しいダウンローダー (Mac)

ダウンローダーをインストールして起動すると、最初のログイン画面で、改めて 音源フォーマットを選択する画面が出てきました。キャプチャし忘れましたが、もしかすると、選択し直してダウンロード可能?

私は、AIFF を選択していますが、FLACなどもこの状態でチョイス可能であったため、ショッピングカートで選んだ音源フォーマットと異なる音源フォーマットでもダウンロード可能かもしれません。

DSD 256 では 5分程度の楽曲で 839MB にもなる音源フォーマットなので、貧弱なストレージは直ぐに圧迫されてしまいます。

DSD 256 .dsf はとてつもなく巨大です
全楽曲ダウンロード後に確認してみると、、、 11.9GB (-_-;)

なにはともあれ、ステイホーム週間ということで、この様な優秀なサービスがこの時期に刷新されることは、私としてもやることも増えて嬉しい限りです。

音楽を楽しみましょう!


職業柄、サイト構成がどうなっているのかが気になり、ちょっと検証してみると、、、なんと、Vue.js フレームワークが採用されていますね。

流石に良いわけです♪

Categories:

コメントは受け付けていません